小児歯科

当院では、小児歯科専門医として歯のことはもとより、子どもの心の成長もしっかり勉強しています。お母さんが小さいと思っている子どもも信頼関係が築ければ、ひとりでちゃんと治療を受けられます。まずは、子どもたちと信頼関係を築けるよう、お話させてください。

小児歯科治療について

子どもたちの発育段階に合わせたケア

子どもの成長は早いものです。
乳歯から永久歯に生えかわるまでに、口腔環境を整えてあげることで、大人になってからも健康な歯を永く維持していけることが理想です。

map

お口を通してその子自身を見る

治療にあたって、歯だけを見ているだけでは本物の治療とは言えません。
お口を見て虫歯をつくっている環境、日常生活および食生活など、その子自身を理解した上で、その子に合った治療を行っていきます。

map

子ども一人ひとりと信頼関係を築く

一人ひとりの意思や考えを尊重した上で、話をしています。
絶対に嘘は言わず、「Tell(伝える) Show(見せる) Do(使ってみる)」のルールに従って子どもたちにこれから行う治療が怖くないことを教えます。
さらに一番大事なのは、きちんと褒めることです。
治療をしっかり受けた子には、いつも小さなおもちゃやカードをご褒美としてプレゼントしています。

map

フッ素塗布

フッ素は、歯質を強化する性質をもっています。
乳歯や生えかわったばかりの永久歯などの弱い歯を、フッ素塗布することによって、歯を酸による侵蝕から守り、歯自体の強度が増加します。
よって、大人の歯と同等の強度にすることができ、歯の健康維持、虫歯予防に効果があります。
虫歯を作りにくくする環境を整えてあげましょう。

【フッ素塗布の頻度】
フッ素は一度塗ればずっと効き目が続くわけではありません。虫歯予防のために、定期的に塗布しましょう。
お口の中をキレイに保った上で、3〜4か月に1回フッ素を塗ると効果的です。

ラバーダム防湿

ラバーダムとは、治療する歯の周りにかける薄いゴムのシートのようなものです。
このラバーダムで、治療する歯以外の部分を覆い、舌や口腔内を守っています。
小児歯科では特に、歯の治療を行う際にラバーダムを使用することが必須と言ってよいほど大切なことだと感じますが、使用している歯科が少ないのが現状です。
当院では、より良い治療を行うため、開院当時からラバーダムを使用しています。

【ラバーダムの特長】

  • ・削った細かい歯や金属の誤飲を防ぐ
  • ・感染予防
  • ・舌や口腔内の軟組織の保護
  • ・治療効率の向上
  • ・詰め物の接着性の向上(取れにくくなる)
map

小児歯科治療Q&A

子どもが転んで歯をぶつけてしまいました。どうしたらよいでしょうか?

歯の外傷にはさまざまな種類があります。
歯が欠けたり、ぐらついたりします。レントゲンを撮り、ぶつけた歯の根っこ(歯根)の状態がどうなっているかで処置の内容が変わってきます。
一番大切なことは、早く歯医者さんに診てもらうことです。「これくらいなら大丈夫かな?」と判断することが一番危険ですよ。

小児歯科と歯科では何が違うのですか?何か特別な資格があるのですか?

小児歯科医は、小児の歯についての専門的な知識などはもちろんのこと、子どもの体の成長発育や発達段階、心理的なことまで学び、試験を受けた後厚生労働省が認可する小児歯科専門医を取得することができます。
ただ子供が好きだから小児歯科というわけではありません。

子どもは、歯医者さんに行くと泣き叫んで治療ができません・・・

泣いてしまって治療ができず、歯医者さんを転々とされて大変な思いをされている方をたくさん見てきました。
そんなお子さんでも、最後にはきちんと一人で診療台に座り、治療を受けています。
まずは、信頼関係を築けるところから始めますので、まずはぜひ一度ご来院ください。

とにかくうちの子は歯磨きがきらいで磨かせてくれません。どうしたらよいでしょうか?

特に3才以下の子供たちは歯磨きを嫌がる子が多いと思います。
しかしその子の歯を守ってあげられるのはご両親しかいないのです!
ぜひ一度、歯みがきの相談にいらしてください。歯科医師、衛生士、ご両親のみんなでその子に合った歯みがきのやり方を考えていきましょう。

小児矯正について

小児矯正は、発育に合わせた無理のない方法で行うもので、乳歯の段階から永久歯に生え変わる成長の過程を見ながら治療を行います。

治療例

小児歯科で行う矯正治療の特長は、子どもの成長を利用した矯正を行うということです。
子どもの成長期に合わせての治療になるため、その分時間はかかりますが、とても理にかなった負担の少ない治療法だと考えます。

受け口の矯正で、望ましい治療時期は4・5歳からはじめ、前歯が生え揃いかみ合わせがしっかりすると一度矯正はお休みです。
第2次成長期に入ったら、再度矯正治療を再開します。身長を小まめに測ってもらい、成長を予測しながらの高度な治療になります。
難しい治療の場合には、矯正の先生と連携を取りながら行いますので、ご安心ください。

受け口の治療例
治療前
治療後

小児矯正治療Q&A

子ども歯並びが気になりますが、いつから矯正治療を始めたらよいのでしょう?

矯正のタイプは2通りありますが、受け口の場合は幼稚園の頃から。
その他の場合は小学校低学年から始めることが多いと思われます。

矯正治療中は虫歯になりやすいと聞きました。虫歯が出来てしまったらどうするんですか?

矯正装置が入ると、自分では磨きにくくなるため、むし歯になることもあります。
矯正治療がスタートしてから虫歯になってしまうと、一旦、矯正装置を外して虫歯治療を行う場合もあります。
その分治療時間が長引いてしまいますので、定期的な来院により、担当医によるチェック、およびフッ素塗布やPMTCを行うことでむし歯を予防していきます。

期間はどれくらいかかるのでしょうか?

それぞれのお子様の顎の成長具合や、治療開始時期などによって違ってきますが、全て永久歯に生え変わる前の段階で1〜2年程の治療期間となることが一般的です。

費用はどれくらいかかりますか?

お子様の症例によって治療方針や矯正装置の種類が異なりますので一概には言えませんが、目安として¥150,000〜¥250,000ほどです。
治療中は月に一度調整に来て頂くことになります。

こども矯正歯科ガイド
スマ-トフォンサイトを表示する