ページタイトル
sp用ページタイトル

インビザライン矯正
Orthodontic dentistry

目立たない矯正が人気です!

インビザライン(マウスピース矯正)をご存じですか?

01 矯正してるって気付かれたくない!

02 目立つのはイヤ!

03 矯正は痛いって聞いたから怖い

04 何度も通院するのが大変そう

05 むし歯ができないか心配…

06 金属アレルギーがあるので諦めている

最短で即日セットを可能にするセレックを導入

妙蓮寺歯科クリニックでは、アライン社のインビザラインという新しい歯科矯正システムを導入しています。
透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着して、歯並びをキレイする治療方法です。

インビザライン(マウスピース矯正)の特徴

装置が透明なので目立ちにくい

マウスピース矯正治療は、装置がほぼ透明なため、見た目を気にせず矯正治療を受けることができます。
普段の生活の中で他の人に気づかれることはほとんどありません。

簡単に取り外せるので食事や歯みがきが楽

食事や歯みがきの時には簡単に取り外せるので、普段と変わらず不便に感じることなく食事ができます。
ワイヤー矯正では、装置に食べ物が挟まりやすかったり、歯みがきがにしくかったため、むし歯に注意が必要でしたが、マウスピース矯正は、とても楽にケアができます。

通院回数が少ない

治療完了までの矯正治療期間は、従来のワイヤー矯正治療と比較しても、さほど変わりませんが、通院回数は、ワイヤー矯正治療では毎月の調整が必要となりますが、インビザライン(マウスピース型矯正)では、2か月に1度の通院で大丈夫なんです。(初めのうちは経過観察として1~2週間後に来ていただくケースもございます)

痛みが少ない

従来のワイヤー矯正装置と比べ、痛みが少ない治療方法です。

金属アレルギーの方でも安心

マウスピースは、金属を使用していませんので、金属アレルギーのある方でも安心して治療が可能です。

当院では、最新機器の口腔内スキャナーiTero(アイテロ)を導入しています!

最新機器の口腔内スキャナーiTero(アイテロ) アイテロは、お口の中をスキャンすることで精密な型が取れる、3D光学スキャナです。

01 型取りが楽にできます!

これまで歯の型取りでは、ドロドロした型の材料をトレーに盛り、歯に押し付けて固まるのを待つため、嘔吐反射のある方や、口が開きにくい方にとっても大変不快な時間でした。
iTeroのスキャンは、様々な角度から写真を撮影するだけで型が取れるため、短時間で快適な型取りが可能になりました。

02 歯の細部まで精密・正確な型取りが可能に!

iTeroの場合、1秒間に6000枚もの画像を撮影できるため、従来の型取り方法と比べると段違いに精密・正確な型が採取できるにようになりました。
精密な型が取れることによって、より歯にフィットしたマウスピースが完成し、精度の高い治療をご提供できます。

03 歯並びのシミュレーションが確認できます。

治療開始前にコンピュータ上で実際に歯の動いていく様子や、治療の最終イメージを見ることができます。
仕上がり後の歯が確認できるので、納得した上で治療を開始していただけます。

最新機器の口腔内スキャナーiTero(アイテロ)

矯正治療経験が豊富なドクターが治療します

歯科矯正治療の経験が豊富な医師が在籍していますので見た目だけではなく噛み合わせなどにも考慮した治療が可能です。

無料カウンセリングを行っています

マウスピース矯正をしようか迷っている方のために、無料カウンセリングを行っております。
カウンセリングにてインビザラインがどんなものかご理解いただき、不安に思っていることなどなんでもご相談ください。

まずは無料カウンセリングをご利用ください

歯並びにお悩みをお持ちの方々のため、当院では矯正治療の無料相談を行っております。
マウスピース矯正にご興味がある方も、まずは一度無料相談にお気軽にお越しください。

さらに、もっと詳しく知りたい!という方には、2,200円(税込)で、3D光学スキャナーを使用し、歯型をとって行う詳細なシミュレーションも出来ます!

当院の無料カウンセリングは、完全予約制です。

ご希望の方は、こちらのWEB予約からご予約いただくか、お電話にてご予約ください。

TEL 045-434-4107


大人の矯正治療Q&A

大人になっても矯正治療ができるのでしょうか。
20代、30代になって自分に投資できるお金が出来てから「歯並びを整えて口元のコンプレックスを無くしたい」と矯正治療を始める人、「老後も健康な口元を保てるように」と40代、50代になって始める人-。今、当院でも大人の矯正治療は増えています。
大人の矯正治療に年齢制限はありません。歯ぐきや歯槽骨(歯を支える骨)などに問題が無ければ、いくつになっても矯正治療は可能です。
ただし、大人は、子どもや10代の人たちと比べると、代謝が下がっているので、治療期間は長くなる傾向にあります。
また、大人の矯正治療では、成長を利用した治療は出来ません。しかし、大人の矯正治療では顎の形や大きさがすでに決まっているので、歯の移動を予測しやすく、治療計画がたてやすいメリットがあります。
自分が希望して矯正治療を受ける人が殆どなので装置装着後の痛みなども納得した上で治療に臨み、歯磨きや装置の手入れなどに気を配ることが出来ます。その結果、治療がスムーズに進みやすいという利点があります。
歯周病にかかっていても治療は出来ますか?
歯周病の程度にもよりますが、軽度から中程度であれば可能です。
歯周病にかかっている場合、矯正治療をスタートさせる前に、炎症を取り除くことが必要です。
また、治療中も炎症が再発しないようにブラッシングによるお口の衛生管理の徹底が重要です。
矯正治療中に症状が進むこともあるので、矯正歯科医師にしっかりと治療を受けるメリットとデメリットを聞いてみましょう。
また、不正咬合により歯の一部分に強い力が加わると、歯周病を悪化させる一因となります。歯並びを治して力が均等に加わるようになれば、歯周病進行の要因を少なく出来ます。
また、歯並びを治すことで歯を見せて笑えるようになるとケアの意識が高まる、ブラッシングなど手入れがしやすくなるなどのメリットも。結果として、歯並びが整うことで歯周病予防につながることもあります。
矯正治療中、楽器の演奏は出来ますか?
楽器の中でも管楽器を演奏する人は、ブラケット治療の場合、矯正装置が唇の裏に当たるため、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。
ブラケットやワイヤーが当たって痛い場合には、シリコン製ワックス(粘膜を傷つけないように装置のまわりに貼る)や、透明のプラスティックカバーをかぶせると、矯正装置が直接触れずに演奏することが出来ます。
また、マウスピース矯正であれば、矯正治療を行いながら演奏ができます。
矯正治療開始時に楽器演奏を行っていることをお知らせください。